<h1 style="display:none">九州大学大学院 博士課程教育リーディングプログラム 分子システムデバイスコース 分子システムデバイス ダ・ヴィンチコース</h1>
<ul>
<li><a href="https://molecular-device.kyushu-u.ac.jp/?lang=en"><img src="https://molecular-device.kyushu-u.ac.jp/wp-content/uploads/2021/08/en.jpg" /></a></li>
<li><a href="mailto:office@molecular-device.kyushu-u.ac.jp"><img src="https://molecular-device.kyushu-u.ac.jp/wp-content/uploads/2021/08/mail.jpg" /></a></li>
<li><a href="https://ja-jp.facebook.com/%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E8%AA%B2%E7%A8%8B%E6%95%99%E8%82%B2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0-%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%88%86%E5%AD%90%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%83%87%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%88%86%E5%AD%90%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%83%87%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9-%E3%83%80%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9-162584560556951/"><img src="https://molecular-device.kyushu-u.ac.jp/wp-content/uploads/2021/08/facebook.jpg" /></a></li>
</ul>

<div class="wrapper2">
<img src="https://molecular-device.kyushu-u.ac.jp/wp-content/uploads/2021/10/eyecatch.jpg" class="full">
</div>

menu

グループリサーチプロポーザル (LP-GRP)

修士1年から博士2年まで行ってきた研究やブレーンストーミングを基礎に、数名一組のチームで分子システムデバイス科学に関する新たな研究テーマをサイエンス並びに社会的価値の双方の観点から提案します。

サイエンスにおける学術的な価値や専門性については、大学教員が評価します。社会的価値については、企業研究者、ベンチャーキャピタル(VC)が中心となり、研究展開の革新性、商用化の可能性も踏まえて評価します。

 GRP

M1からの自分自身の幹となる研究テーマをGRPによって、大きく基礎の深掘りや水平展開、さらには、実用化を視野に入れた研究開発へ展開させます。