分子システムデバイス国際リーダー教育センター

分子システムデバイス国際リーダー教育センター(2013.2.1設置)

分子システムデバイス国際リーダー教育センターは、博士課程教育リーディングプログラム「分子システムデバイス国際研究リーダー養成および国際教育研究拠点形成」の円滑に実施することを目的として設立された学内共同教育研究施設です。

分子システムデバイス科学教育拠点の形成

以下のような国内外の産官学の研究者・教育者で構成される組織を形成し、最先端分子システムデバイス科学の教育研究にあたります。
センター構成図160502

 

伊都キャンパスと総合学習プラザの紹介

本教育プログラムの施設のある総合学習プラザは、九州大学の新キャンパス、伊都キャンパスのウエストゾーンにあります。
photo001

伊都キャンパスは、福岡市西区と糸島市にまたがる275ヘクタールの広大なキャンパスです。博多湾の西、糸島半島のほぼ中央に位置しており、福岡の中心、天神から約15kmの距離にあります。大都市の近郊という利便性をもちながら、玄界灘を臨む豊かな自然の残された静謐な環境にあり、古くからこの地域で、人々の往来が盛んであったことを示す遺跡が数多く存在する歴史ある地域です。

小グループディスカッションやブレーンストーミングが出来る設備

本教育プログラムでは、最新の機器及び専用のセミナールームの他に学生が小グループのディスカッションの際に自由に使用できる計7つの小オフィスを備えたブレーンストーミングルーム準備し、学生の能動的なグループ学習を可能にする環境を整えています。

総合学習プラザ リーディングプログラムの部屋の特徴 108号室 BS1

sketchmap_1

BIG PAD 研究分野の異なる学生同士の討論や英語でのブレーンストーミングを推進する部屋を提供します。「プロジェクター」「TV会議システム」「ホワイトボード」 「パソコン」の4つの機能を持つBIGPADで、手書き文字などを書き込んだりすることができます。持ち寄ったi-Pad画面をすぐに画面に投影すること もできます。
Apple TV
Wivia(ワイビア) 各自のパソコンから様々な資料をネットワーク経由で簡単に投影できます。煩わしい配線作業もいらず、ワイヤレス環境でスムーズな授業の進行を助けます。
Apple TV
打合せコーナー 高いコミュニケーション能力を持つリーダーシップの養成を目指す本プログラムで様々なディスカッションを行う場を提供します。
書籍 英語・研究分野・アントレプレナーシップ関連の書籍を提供します。

総合学習プラザ リーディングプログラムの部屋の特徴 109号室 BS2

sketchmap_2

BIG PAD 研究分野の異なる学生同士の討論や英語でのブレーンストーミングを推進する部屋を提供します。「プロジェクター」「TV会議システム」「ホワイトボード」「パソコン」の4つの機能を持つBIGPADで、手書き文字などを書き込んだりすることができます。持ち寄ったi-Pad画面をすぐに画面に投影することもできます。
Apple TV
Keyence Agillista
3Dプリンタ
高精度で3次元CAD設計を実体化します。3DCADを使って設計した3Dモデルを高速で作製できるため、実際の3次元モデルを手にとってこれをベースにもの作りのブレインストーミングを推進させます。実際に分子のモデルを作ったり、デバイスのラージモデルのたたき台を作製するなどして、設計を検討したり、形状を見て議論したりすることが可能です。
Roland3Dプロッタ
Mathematica プログラミングスキルがなくても高度計算ができる解析型ソフト。微分方程式を解いたり化学データーベース利用した計算レポートの作成などもできます。
Reflector iPadの画面をミラーリングして表示し、持ち込んだデータでディスカッションできます。
Sketch up Pro 3Dプリンタで利用する3Dモデルを高速で作製するCAD設計ソフト。
NAS TS879-Pro リーディングのBSルームやセミナールームのなどから保存可能なNASを提供しています。
iMac27インチ
MD095J/A
CADソフトの利用を考慮し大画面のMACを準備しています。

総合学習プラザ リーディングプログラムの部屋の特徴 110号室 講義室

sketchmap_3

TV会議システム
Polycom
箱崎地区・伊都地区の離れたキャンパス間で、リアルタイムの講義配信や会議を実現するTV会議システムを提供しています。またMCU(テレビ会議システム多地点接続制御装置)により 1対1 だけではなく、複数拠点との会議も可能です。
講義配信システム
(Polycom上動作)
講義収録システム
Echo System
要望に応じた講義収録・配信を提供しています。 授業のビデオ映像とPC画面、音声を、各種ブラウザやモバイル端末から再生でき、場所を選ばない授業の視聴が可能です。
Wivia(ワイビア)
Apple TV
各自のパソコンから様々な資料をネットワーク経由で簡単に投影できます。煩わしい配線作業もいらず、ワイヤレス環境でスムーズな授業の進行を助けます。
短焦点プロジェクタ
インタラクティブユニット
投影面に影が映らず、ランプの眩しさを気にせず授業を行うことができます。ホワイトボードにプロジェクタを投影されマーカーによる書き込みが可能です。

福岡市産学連携交流センターの位置付け

産官学連携スペース及び研究開発組織が既に準備され、共同研究開発体制が構築されています。福岡市産学連携交流センター(FiaS)には、現在、複数の企業の他、(財)九州先端科学技術研究所(ISIT)、科学技術振興機構(略称JST)が入居しており、九州大学応用化学部門の教員6名が産学連携での推進を進めています。さらに、第2センターがH25年度10月に竣工し、リーディング大学院専用の産学連携スペースに今後活用が可能となっています。