プログラムコーディネーターメッセージ

最先端分子系材料が次世代産業を牽引、そしてスーパーリーダーの必要性

安達 千波矢
九州大学大学院工学府
教授
本教育プログラム では、“分子システムデバイス科学”をコアに、研究者としての科学的なポテンシャルを高めながら、研究開発へのチャレンジ精神、俯瞰力をもって国際的に活 躍できるスーパーリーダーの育成を目指します。“最先端分子システムデバイス科学”、“研究に対する情熱・発想力”、“研究マネージメント力”、“国際 性”を身につけることで、基礎研究から出口を見据えた応用研究までの一貫した研究開発のスーパーリーダーを育成します。

産官学連携スタッフによる教育プログラム

本教育プログラム では、大学教員、国内外の民間企業の複数教員の指導によるチャレンジングな最先端研究活動を基礎に、基礎力の涵養と同時に複数の専門知識を習得します。特 徴的な教育プログラムとして、所属研究室の異なる院生を3名のグループに分け、彼らが自由に議論できる専用オフィスを準備し、コミュニケーションによる相 乗効果を体感できる教育研究活動を行うことで、「議論による発想力」、「考え抜く力」、「決断力」、「諦めない意志」が研究成果の創出につながることを体 験し、各自の個性と気質を醸成します。また、連携企業への国内インターンシップや海外研究機関での国際共同研究を実施し、欧米流の研究推進手法を体得しま す。さらに、伊都キャンパスに隣接する伊都サイエンスパーク内の福岡市産学連携交流センター(FiaS)にオープンイノベーションラボを活用し、実践的な 応用展開を視野に入れた少人数グループによるテーマ提案(グループリサーチプロポーザル:GRP)を行い、異分野の研究者を集結させ、徹底した議論から新 しい研究展開を具体化させ、民間企業での即戦力としての研究実践能力の育成と研究戦略マインドを醸成します。 本教育プログラムでは、九大アントレプレ ナーシップ・センター(QREC)/九大ビジネススクール(QBS)とも連携し、研究開発リーダーとして必要となる知的財産権、経営と会計に関する基礎知 識とマネージメント論、リーダーシップ論を学びます。九州大学伊都キャンパス、海外研究機関での研究活動、伊都サイエンスパークの3拠点において研鑽を積 むことで、基礎サイエンスの視点、国際的な視点、産業界の視点から研究開発を俯瞰できるトップリーダーの育成を目指します。 学 生のみなさん、これまでにない大学院教育がスタートします。研究開発に対するみなさんの素晴らしい潜在能力を開花させ、新しい学問領域を開拓できる研究 実践力や、産学連携の教育を通して学問を幅広く社会に役立てる戦略・展開力を体得します。未来は、みなさんの熱い思いで創られます。新しい大学院コースに チャレンジして、世界をリードする分子システムデバイスの最先端研究者を目指してみませんか?